学校の音楽の先生

学校の音楽の先生になるために

学校の音楽の先生になるには

学校の音楽の先生になるためには、音楽大学か教育学部の中で学ぶ必要があります。教職課程を履修して教員免許を取るとが条件になります。非常勤講師であれば、免許があるだけで登録しておけばなることが可能です。教員として朝から働きたい場合は、採用試験を受験して正規の先生にならなければなりません。採用試験には、二次試験で実技があります。和楽器を教えなければならないために、その演奏試験もあります。ただし、採用はかなり少ないのが現状です。非常勤講師の方が払う給料が少なくて済むので、芸術科目は正規の教員がいない学校が多くなっています。

学校の音楽会はどんな感じなのか

小学校の音楽会は、一年生から六年生まで合唱と合奏の発表があります。一年生はまだ色んな楽器ができないので、合唱二曲の場合もあります。合奏は自分がやりたい楽器に立候補して、多い時にはオーディション等を行い、担当楽器を決めます。合唱は二年生あたりから斉唱ではなく、ハーモニーのある合唱になっているようです。中学校の音楽会は、合唱祭になっているところが多く、合奏はないです。吹奏楽部があるからかもしれません。合唱を各クラスが発表していき、学年の合唱もあります。生徒の中から指揮者と伴奏者を決めますので、先生の出番はかなり少ないです。

↑PAGE TOP