学校で行われる教育

学校で行われる教育では

学校の音楽教育にピアノの使用

学校の音楽教育にピアノを使用することは、様々な利点があります。例えば合唱の伴奏をすると、オーディオ機器で伴奏を再生するよりも、生で良質の音楽を与えることができたり、ある部分を取り出して、何度も練習をすることも簡単にできます。また、ピアノはメロディーとハーモニーを同時に演奏する事ができるので、音感、ハーモニー感を身につけさせるには最良の楽器といえます。さらに、教養として習っている、あるいは習っていた子どもが比較的多いことから、楽器そのものに対して親近感を与えたり、子どもに演奏をさせることによって、責任感や子ども同士に連帯感を生み出すことも可能です。以上のことから、学校教育において、なくてはならない楽器となっています。

学校の音楽の授業の必要性

学校では音楽の授業があります。正直めんどくさいと考えている方も多いと思います。数学や理科などの座学だけでいいのではないかと考えてしまうこともあるかもしれません。しかし学校での音楽の授業はとても重要です。まず授業を通してリズム感を鍛えたり楽譜の読み方を覚えたりすることができます。また、歌を歌うことでストレスを発散することができます。座学ばかりではどうしても窮屈でストレスが溜まってしまうと思います。しかし歌を歌うことができればストレス発散にもなるしリラックス効果もあると思います。ぜひ授業をおろそかにせず取り組んでみてください。

↑PAGE TOP