介護職員のスキルアップを目指す研修教材

      このエントリーをはてなブックマークに追加

介護職の研修教材

いつでも何処でも募集が掛かっている介護の仕事、この介護の仕事は年を取った事によって、普段の生活に支援や介護が必要になった人のお世話をするものです。この仕事は人間を相手にする仕事で、食事を食べさせたり排泄の介助をしたりと、実際に体に触れることも多く、またコミュニケーションも必要なものです。介護職についている人たちは、体に負担が掛からないような介護の仕方や、衛生面に関する専門知識を習得し資格を得て仕事を始めます。


介護職の仕事は病院ばかりでない

 

介護職の仕事は病院ばかりでなく、老人ホームとも呼ばれる介護施設や、また自宅で家族が介護を行っている所への訪問介護、または一人で暮らしながら支援を必要としている人などのお世話など、色々な形の仕事形態があります。介護職の仕事は自宅で高齢者や、体が不自由な人を世話している家族に取っても大切な存在です。しかし最近介護施設での介護職員による言葉の暴力や、身体的な虐待と言ったニュースを見かけます。またこの現象は介護を仕事にしている人だけでなく、家庭で自宅介護を行っている家族の間にも見られるようです。介護する対象になる人たちに、心の余裕を持って接することでこの様な問題は避けられるものと考えられます。


経験に基づいたテクニックも必要

 

高齢になる事で体が今までのようにスムーズに動かない、また認知症などによって威圧的な行動に出たり、わざと困らせる様な行動を起こしたりなど、私達の常識では判断できない行動を取られたりするケースも出ています。相手の言葉を感情的に取らずに、時には母親のような気持ちで接しなくてはいけない介護の仕事。介護の仕事を行う上で技術的な知識はもちろん必要ですが、高齢者や認知症患者の特徴を理解して、相手に不安を与えずにどの様に対応するかなど、経験に基づいたテクニックも必要になっています。


介護職の資格収得にはテキストでの勉強や、実際に介護施設での研修もありますが、相手が人間なだけに一人ひとりに寄り添ったケアが必要になります。介護職の研修教材としてDVDがあるようです。色々なシュミレーションにあわせた動画を見ることで、介護職の人たちだけでなく介護を行っている家族にも役に立っていると言われています。このDVDを見る事で、今後起こりえる状況を予想し、それに対して対策を練っていくことも出来るようです。

Pick-Up Topics

日本の介護保険制度

 

将来は3人に一人がお年寄りになると言われている日本。人間は年を取ると体の衰えなどから介護を受ける事が多くなって来ます。日本では自宅介護などを行っている家庭に、介護を仕事としている人たちを雇う事が出来る保険制度があります。この介護保険制度は住んでいる国々によって違いがあり、日本の介護保険制度を理解する必要があります。

「日本の介護保険制度」の続きはこちら

介護職に必要な接遇のマナー

 

老人ホームや介護施設で言葉の暴力や、身体的な虐待などと言ったニュースを今でも見かけます。介護職の仕事は年齢的な問題や、病気などで日常生活に支援が必要な人たちのお世話を行うのが仕事です。家族が介護を行っている家庭に訪問する介護士や、介護施設で働く介護士と高齢者を対象にした職場と言っても過言ではありません。確かに介護職の人たちがお世話をするのは、認知症をわずらっている人が多く、その病気の為に色々なトラブルが生じることがあるようです。

「介護職に必要な接遇のマナー」の続きはこちら

介護職の資格と種類

 

高齢化社会に入った日本では、核家族化が進んでいるこれから独居老人が増えてくると考えられます。そのために老人介護施設で働く介護職員や、や自宅に介護職員が訪問するヘルパーと言った職種が今後も需要が増えると考えられます。介護職員の仕事は資格も短期間に取れ、また募集も多いことからすぐにでも働きたいと言う人たちにも人気がある職種です。

「介護職の資格と種類」の続きはこちら

Pick-Up

人気の美容室情報 つくば市で人気の美容室